医療脱毛は痛みに弱い人でも大丈夫?

医療脱毛とは、美容クリニックなどの医療機関で行われている脱毛のことをいいます。エステサロンなどで行われている脱毛とは使用している機器が異なり、毛根に与えるダメージの大きい照射パワーが強い機器を使用しています。そのため医療脱毛の方が、エステサロンの脱毛に比べると脱毛効果が高いと言われています。しかし、その分施術時の痛みが強いのではないかと心配になる人も多いのではないでしょうか。痛みに弱いので、医療脱毛は避けているという人もいると思います。
医療脱毛の場合、やはり多少の痛みは伴います。ただし、感じ方には個人差があるので、ほとんど感じないという人もいれば、ものすごく痛かったという人もいます。また、施術をする部位によっても痛みの程度には差があります。例えば、ワキやスネ、デリケートゾーンなど太い毛がある部位は、痛みを強く感じやすいようです。それとは反対に、背中やあごなどは痛みを感じにくい部位と言われています。それから施術の回数を重ねていくと、身体が慣れてくるのであまり痛みを感じなくなるということもあります。
どうしても痛みに弱いという人の場合には、麻酔をして施術を受けることができるクリニックもあります。麻酔といっても注射や点滴ではありません。肌に塗るクリーム状の麻酔を使用しているクリニックが一般的です。また、クリニックによっては、笑気ガスを使用しているところもあります。笑気ガスは吸入して使用する麻酔のタイプで、副作用がないのが特徴です。

医療脱毛の魅力やクリニックの回数と値段の選び方のポイントまとめはこちら

青汁ときなこのダブル摂取でより健康に

健康な身体を維持するには毎日栄養バランスのよい食事を心がけることが大切なのは誰しも分かっていても、実際には忙しい生活の中で有り合わせの食事になってしまうことが多いものです。
こうしたときに重宝するのが毎日1杯飲むだけで野菜不足を手軽に補える青汁ですが、青汁にきなこをプラスすることでより高い効果が期待できるのはご存知でしょうか。

青汁は含まれている主成分の違いによって栄養価は微妙に異なりますが、一般的にはビタミンCやβカロテン、葉酸、鉄、亜鉛、カルシウム、カリウムなどのビタミン・ミネラル類がバランスよく含まれており、腸内環境を整えて便通を改善する食物繊維や人体に悪影響を与える活性酸素の増加を抑えるポリフェノール類が豊富に含まれています。
これらの栄養素は、血流をスムーズにして動脈硬化を予防するとともに、肌の生まれ変わりを助けて肌のハリや潤いの維持に貢献したりするなど、美容と健康のために活躍してくれます。
これに対し、きなこには筋肉や皮膚、血液をつくるために不可欠なタンパク質に加え、悪玉コレステロールの増加を抑えて動脈硬化を予防するレシチンがたっぷりと含まれています。
また、大豆に由来するイソフラボンも豊富で、イソフラボンは体内で女性ホルモンのエストロゲンのように機能し、ホルモンバランスを整えてくれるので、更年期障害の緩和や生理周期の安定にも貢献してくれるのです。

このように青汁ときなこをダブルで摂取することでより高い健康効果が期待できるので、特に食生活が乱れがちな方は、青汁一袋に対してきなこ小さじ2杯以上を目安に混ぜて毎朝忘れずに飲むことをお勧めします。青汁ランキングなど参考にして自分にあった青汁を選びたいですね。