医療脱毛は痛みに弱い人でも大丈夫?

by Wolfe .

医療脱毛とは、美容クリニックなどの医療機関で行われている脱毛のことをいいます。エステサロンなどで行われている脱毛とは使用している機器が異なり、毛根に与えるダメージの大きい照射パワーが強い機器を使用しています。そのため医療脱毛の方が、エステサロンの脱毛に比べると脱毛効果が高いと言われています。しかし、その分施術時の痛みが強いのではないかと心配になる人も多いのではないでしょうか。痛みに弱いので、医療脱毛は避けているという人もいると思います。
医療脱毛の場合、やはり多少の痛みは伴います。ただし、感じ方には個人差があるので、ほとんど感じないという人もいれば、ものすごく痛かったという人もいます。また、施術をする部位によっても痛みの程度には差があります。例えば、ワキやスネ、デリケートゾーンなど太い毛がある部位は、痛みを強く感じやすいようです。それとは反対に、背中やあごなどは痛みを感じにくい部位と言われています。それから施術の回数を重ねていくと、身体が慣れてくるのであまり痛みを感じなくなるということもあります。
どうしても痛みに弱いという人の場合には、麻酔をして施術を受けることができるクリニックもあります。麻酔といっても注射や点滴ではありません。肌に塗るクリーム状の麻酔を使用しているクリニックが一般的です。また、クリニックによっては、笑気ガスを使用しているところもあります。笑気ガスは吸入して使用する麻酔のタイプで、副作用がないのが特徴です。

医療脱毛の魅力やクリニックの回数と値段の選び方のポイントまとめはこちら